Natural Parenting 子ども 心と育ちのクリニックは杉並区永福にある子育てカウンセリング専門のクリニックです。

  1. トップページ>
  2. よくある質問
よくある質問

Q どんな相談ができますか?
Q 受診するか、メール相談にするか迷っています。
Q どのぐらいの頻度や期間通いますか?
Q 対応できない疾患や状態はありますか?
Q 子ども本人が受診を嫌がる場合、保護者だけで受診できますか?


Q どんな相談ができますか?

子ども心と育ちのクリニックでは、以下のような相談をよく受けています。
その他のことでも、子どもに関することでしたらなんでもお気軽にご相談ください。

1. 育児相談全般:
日常のケア、離乳食、母乳相談、トイレトレーニング、出産前の子育て準備、しつけ 育て方 など

2. 気分の問題:

イライラする、集中力がない、かんしゃく、引きこもっている、沈んでいる、不安が強い、よく泣く、気分にムラがある など

3. 行動の問題:
言うことを聞かない、落ち着きがない、こだわりがつよい、忘れ物が多い、不登校、学校をさぼる、攻撃的、けんかをよくする、物を壊す、嘘をつく、自分の体を傷つける、髪を引き抜く など

4.コミュニケーションの問題:
目を合わせない、他の子どもとうまく遊べない、他の子に関心が乏しい 思いが伝わりにくい など

5. 身体の問題:
身体がだるい、頭痛、微熱が続く、めまい、耳鳴り、アレルギー、腹痛、下痢 など

6. 食事の問題:
偏食、食欲のむら、よく吐く、過食、拒食 など

7. 睡眠の問題:
寝つきが悪い、眠りが浅い、朝起きられない、寝ぼけて歩く、突然泣き叫んで起きる など

8. 排泄の問題:
おねしょ、便を漏らす、一人でトイレにいけない、トイレが近い など

9. 言葉の問題:
言葉が遅い、言葉が分かりにくい、独特の言い回しをする、理解が悪い、どもり、変な音や声をだす など

10. 人間関係の問題:
親子関係の問題、きょうだいとの関係、友人との関係 など

11. 異文化適応の問題:
異文化でのコミュニケーション、海外から帰国した子どもの適応の問題、海外赴任前の心の問題、国際結婚での子育ての問題 など


Q
受診するか、メール相談にするか迷っています。

受診して相談するか、メール相談か迷っているというご相談がよくあります。

もし受診することが出来る場合は、まず受診しての相談をお勧めしています。
受診して直接お話をうかがった方が、より深く理解ができるためより具体的な判断やアドバイスにつながるからです。
また患者さまと医師も一人に人間です。相性が良い場合も、もう一つの場合もあります。
とても大切な深い話をしていくわけですから、ぜひご自身の目で確かめていただきたいと思っています。
初めのうちは、受診しての面談で、ある程度落ち着いてきたらメールでということも可能です。

メール相談が適しているのは、例えば以下のような場合です。
・ 遠方で通院が難しい場合
・ 診療時間内に受診が難しい場合
・ 一般的なことがら(個別の相談ではなく、知識的なもの)についての相談の場合
・ 受診するかどうか迷っている場合・・・まずはメールで相談してみて、受診するかどうかを決めるもも一つの方法です。

メール相談の場合であっても、もし相談が長い期間になるようでしたら、できるだけ一度は受診されることをお勧めしています。
遠方の方は、夏休みなど長期休みなどを利用すると良いかもしれません。

ご不明な点は、お気軽にご相談ください。


Q
どのぐらいの頻度や期間通いますか?

「どのぐらいの頻度や期間、通いますか?」という質問をよくいただきます。

通う間隔は、相談の内容や、状態によってそれぞれ異なります。
また通う期間も、その人によってさまざまです。

とても不安定な状況や、急いで対処したい場合は、 初めのうちは、1週間に一度、ある程度落ち着いつて来たら、2週間に一度、 かなり落ち着いたら1か月に一度ぐらいとすることが多いです。

特に緊急性のない場合には、月に一度から始めることもあります。

数回で終了する方もいれば、半年、あるいは2-3年以上通われる方もいます。

通う頻度や期間は、無理がなく、一番良いペースとなるように、 相談して決めていきますので、お気軽にご希望をお伝えください。



Q 対応できない疾患や状態はありますか?

当クリニックの体制では、以下の疾患や状態の方は、 適切な対応が難しいため、他の機関の受診をお勧めています。

* 自殺企図のある方
* 自殺念慮の強い方
* 被害妄想が強い方
* 統合失調症の疑いが強い方
* 暴力行為、破壊行為など、人や物に危害を加える可能性のある方
* 薬物依存の方

その他、当クリニックより、他専門機関の方が、より適切な診断や治療を受けられると 考えられる場合は、他機関をご紹介させていただくことがあります。



Q 子ども本人が受診を嫌がる場合、保護者だけで受診できますか?

初診で、お子様ご本人の受診が難しい場合、保護者様だけで受診していただくことは可能ですが、原則として自費診療となります。
まずは、保護者様と相談をしながら、ご家庭でのサポート方法を考え、その流れでお子様自身が受診できるようになったら、それ以降は保険診療への切り替えが可能です。
問診票ダウンロード


診療時間
 
午前
9:00~
12:30
午後
13:00~
14:00
午後
13:00~
16:30


休診日/土・日・祝日
診療予約受付時間/9:00~17:00
(出来れば12:30~13:00の間に
 ご連絡下さい)



inserted by FC2 system